トップ RCOJ入会方法 イベント情報 クラブマガジン パーツ&グッズショップ リンク・フリマ・CRN 問合せ・連絡
Team RCOJ
TEAM RCOJ 2004 メディア対抗4時間耐久レース参戦報告〜目標達成 & 5位入賞!!
レースウィーク(って2日間だけど)突入
TEAM RCOJ 2004 PHOTO#05 前日は、車両チェック、洗車、カラーリング、整備のため、14時に筑波サーキットへ。新品のタイヤ、ブレーキローター、パッド、クラッチで田島くんメインで燃費計測。夜は常宿「つくばタウンホテル」ヘ。夕食後、燃費データ、補正、数式を出し、田口くんにインプットし、ほぼ完ぺきに事前準備終了。もう勝ったような気分〈笑)で早めに就寝。
当日は7時にサーキット入り。
イベントタイトルは「マツダフェスタ2004」。マツダスピードサーキットトライアル、NR-A第3戦も同日開催。今年の4耐ドライバーは、4耐に集中するため他には参加せず。ピットクルーの川本くんは55NR-A、佐々木くんは01NR-A、後藤さんは40NR-Aでそれぞれ参戦。後藤さんがクラブマンクラスで2位に入賞し、幸先良し。結果はP8参照。他にも参戦中のRCOJメンバーを応援しつつ、車検、公開練習等のスケジュールをこなしていきます。
決勝レースは、ルマン式スタート。これは、ドライバーが自分で走ってきて、ドアを開けて乗り込んで、ベルトしめて、エンジンかけてスタートするという方法。昨年のスタートドライバーだった私同様、田島くんもヘルメット、グローブも付けてピット裏で、ベルトサポート担当の久保くんと反復練習。ちゃんと足で走る距離も同じ位取っての練習なので、本人にはなかなかハードです。でもそのシーンも、周りから見れば楽しかったりします〈笑)。
ポールポジション
TEAM RCOJ 2004 PHOTO#06 予選は15分間でその間に、有効なラップタイムを最低2回以上計測することになっています。予選ドライバーは、現在チーム内最速ラップの久保くんが出場。タイヤが暖まり切る前の、2周目に1"13"085をマーク。その後は、各チームともタイムは伸びず、26台中18台が13秒台を記録する中、2位に0.2秒の差を付けポールポジションを獲得。耐久レースなので、予選順位はさほど重要ではないのですが、やはり1番は気持ちいいもの。ほとんどのチームの予選ドライバーはプロドライバーなのに、アマチュアに遅れを取ってしまったわけで、予選後のドライバーミーティングでは、周りの視線が冷たかったです(笑)。
決勝に備え、パドック内のガソリンスタンドでは恒例のクルマ揺らし。給油口に油面が見えても、前後左右に車を揺らすとタンク内のエアが結構出てきます。1滴でも多くのガソリンを入れておくために、エアが出なくなるまで、給油と揺らしを繰り返すのです。スタッフ5-6人が掛け声をかけながら、ロールバーをつかんで車を揺らす姿は、祭りのお神輿ににも似ていて、見ていても楽しいです。この時点でカタログ値48リッター搭載のはず。今年も燃費規制は、総燃料量83リッター。最初の満タン48リッタ-に、20リッター缶と15リッター缶が支給され、2回に分けて給油し、4時間走り切らなければなりません。1滴も無駄にしないため、スタート位置までは皆で押して移動。
指定された位置は、もちろん一番、第一コーナーに近い場所。後ろを見渡しつつ、スタッフ全員で記念撮影。円陣も組んで気勢を上げました。
BACKNEXT
お問い合せサイトマップ著作権についてプライバシーポリシーサイトご利用について
Copyright (C) 1997-2005 Roadster Club of Japan Office (Open Inc.) All right reserved.
RCOJとは?入会申込みFrom RCOJ Office Event Information20th Anniversary Meeting10th Anniversary MeetingTeam RCOJRoadster NR-A バックナンバー&CONTENTS特集Gallery By Bow.TOPICS from 事務局Club Member's VoiceQuestions & Answers Parts & Goods Shop Flea MarketLinksClub RCOJ NetRoadster Consult BBS